愛車を買取に出す場合、いくつかの業者に査

乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを

乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。でも、ちょっともったいないと思いませんか。

下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。

売るほうの気持ちの問題もありますが、車のコンディションや年式によっては買取業者のほうが利益が出る場合があります。

私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、下取りのほうがかなり安いことに気づきました。

買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、ディーラーから車を購入しました。下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。下取りを値引きだと思っていると損ですよね。サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に注意すべき点があります。

当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに金額やそれに関する諸条件はかなり注意して読まなければいけません。細かいところまで読んでから契約するのが本来あるべき姿なのです。Web上で中古車の一括査定を利用したいと考えているが、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

査定スタッフに車を見積もってもらう際や、車を手放すときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。買取業者は「古物営業法」にしたがって、相手の名前などを記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。中古車の売買をしている企業は、以前と比べて増えています。

中古車を専門業者に買い取ってもらおうとする際は、必ず契約を守るように注意する必要があります。

契約をキャンセルすることは、原則上はできないので、留意しなければなりません。

自分の車を売りに出すときに、そのまま現金で持ち帰りたい人の場合は、即金に対応している買取業者を探してください。大きな声で即金対応できますと言っていないところでも、相談に乗ってくれる店舗も存在します。

しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、足元を見られる結果となり、低めの査定額を出されるかも知れません。

即金で持ち帰りたいのか一円でも高く売りたいのか、自分が望むのはどちらか良く判断して、少しでも高く売りたいなら即金対応にばかり固執するのは損することになりますね。

別の車が欲しいと思っています。

今の車は輸入車なのですが、あまりメジャーな車種ではないので、どれくらいの金額で買取してもらえるのか気を煩わせています。

買取を行っている何社かの業者に実際に見て査定を行ってもらえるようにお願いして、折り合いの付きそうもない査定額だったら、競売にかけるなども考えた方が適切な判断かもしれないです。専門家の査定士には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、口からでまかせを言ったことが災いしてスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が起きても何ら不思議はありませんから、話しにくいことでも正直に隠さずに伝えた方が良いということがお分かりでしょうか。

よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。どの中古屋でもこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。

事故車や総走行キロ数が10万kmを越える車だと、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

しかし諦めるのはまだ早いです。

自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。そしてもうひとつは、ワケありの車を専門にしている業者に打診する方法もあります。

専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、結果的にトクする方を選んでください。車が事故を起こしていた場合、十分修理を終えた後に、査定をしたとしても、事故が起きる前と比較して査定金額がすごく安くなることを査定落ちとよんでいます。格落ち、評価損とも名づけられています。

しっかりと直して、性能に関しては劣化がなくても、事故車両という負のイメージだけで査定落ちすることもあるでしょう。

About the author