10対0で先方に過失があって追突され、車

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センタ

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

この何年かは中古車買取業者についての相談は右肩上がりに増えています。相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、断っても執拗に営業電話が来て困っている、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談することをお勧めします。中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任を理由として買取店舗側が契約を解除してきたり買取金の減額などを通達してくる事があるのです。

もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分側が悪いと言えますが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば非難される覚えはないのです。

買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっているとと相談することが最善でしょう。車査定をやってもらいました。

特に注意すべき点はなかったです。高く売るためのポイントは、何と言っても洗車です。洗車で常にぴかぴかだと、査定士は好印象を持ちますし、査定が円滑に行われるからです。

意外とノーマークなのは、エンジンルームなのです。

エンジンルームも洗車すべきポイントです。人気の高い車種を売る場合、買取を業者に頼んだ場合、高い査定結果を出してもらえます。

代表的なもので言えば、トヨタのプリウス、ホンダのN-BOXや日産のセレナといった車種は買取でも人気のある車種です。ところが、買った時には人気のある車種だったとしても、売る段階で人気が落ちているなんてこともあります。

そういった時は価値が反転して高額買取は見込めないでしょう。先日、査定表に目を通して気分が下がりました。

私の車はこれだけの金額なんだと確認しました。

素人とは異なり、チェックがあちらこちらに追加されていました。

衝撃だったので、よその買取店にも査定をお願いしたのですが、あまり変わらない内容でした。

比較的高い金額で買い取ってもらえる車というとまずは軽自動車が挙げられます。「安さ優先で、日常の足となる車が欲しいというお客様に売れる」「そのまま店で代車として使うこともできる」と中古車屋さんでも言われているようです。最近では、軽自動車でも普通車に匹敵するような大きさの車もあり、ファミリー層に意外とウケているようです。軽自動車は燃費の良さだけでなく税金も安く、飛ぶように売れるので、それだけ買取査定でも有利になるのでしょう。

自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも買取業者に売却することは可能です。

もっとも、車検証の所有者が売主であるという条件がクリアできるならの話です。

所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、完全にローンを返し切るまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。ただ、ローン会社の許可さえあれば、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。返済が残っている場合、車の下取りや車買取にお願いするのは可能でしょうか。

中古車販売店の名義になっていて車に所有権が付いているときはローンの一括返済の必要性があります。

このような場合、ローン残高を新規のローンに上乗せして、ローン重ならずに、車下取りに出せます。

車の査定をした場合、費用は掛かるのでしょうか?結論から言うと、費用はゼロです。

基本的には、車の査定でお金を取ろうとする業者はないと考えて良いでしょう。

中でも、大手のカーセンサーの車一括査定業者でお金がいるようなところはありません。

しかし、業者によっては、査定料を要求してくるところもあるので、気をつけておいて下さい。期末であり年度末決算も抱えた3月と、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。どの中古屋でもできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

売却を漠然と考えているのであれば、狙い目なのがこのシーズンでしょう。また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額が全般に下がり気味になります。

About the author