ローンの返済中ですが、その車両が担保となっているんです

車の買取、査定をお願いする前に、車体の傷は直しておく

車の買取、査定をお願いする前に、車体の傷は直しておく方がよいのか迷いますよね。

自分で容易に、直せる程度の小さな傷であるなら、直しておいた方がよいと思います。

しかし、自分でできない大きな傷の場合は、修理の依頼はしないでそのまま車の査定を受けた方がよいのです。査定の際には、以下の三点が大切です。

売却を急いでいるとしても、一社だけの査定で契約しない方がいいのです。一括査定サイトなどを十分活用して、できるだけ自分の条件に合った業者を見つけられるように比べるのが賢明です。査定を受ける前には、ざっとでも清掃しておかなければなりません。それから、現物査定には必要書類を持参しなくてはならないので、あらかじめ用意しておかなくてはなりません。車両が事故にあっていた時、十分に修理をした後も査定を受けても、事故前と比較して査定価格が大幅に低くなることを査定落ちと言われます。格落ち、評価損とも言っています。完璧に修理をして、性能面においては問題がなくても、事故を起こした車といった負の印象だけで査定落ちになってしまうこともあります。中古車を売ろうとするときには、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、それでも前もって修理に出しておくことはむしろ修理をすると損するのです。車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と個人が修理するために出す費用では、前者の方がグッと安くて済むのです。ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。一度知り合いに「楽だよ」とすすめられて無料出張査定サービスを使い車を売却してみたことがあるのですが、その時に、出張してきた査定の人の作業の様子に少々感動しながら見物したことを覚えています。

作業手順のしっかりしたマニュアルがあるのでしょうか、とても細かく丁寧に診断をしていくのですが、テキパキしていて、気持ちがいいくらいでした。ボンネットの端っこに小さな古い傷があったのですが、自分では今まで気づかずにいました。

プロの目は確かですね。

ですが、そんなに大きく減点されなかったので助かりました。

完全に動かない車である「不動車」ですら、最初から売ろうとしないのは間違っています。不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。自動車本体ではなくパーツごとに見ると故障してないものもあるでしょうし、これらに対して価値を見いだして買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。

そうは言っても、通常の買取会社だと不動車と言うだけで断られるケースもあるので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に査定をお願いして買取りしてもらうと良いですね。

車は買い取って欲しいけれど多忙で店舗に出向く時間が作れないという方は、出張査定を利用することをお勧めします。

出張査定にかかる手数料や費用がいくらになるか気にされる方も多いでしょうが、多くの場合は無料で行っているので安心してください。

出張査定の日程などを決める場合、WEBを利用すれば24時間いつでも申し込みできますし、大手のお店なら通常はフリーダイヤルで申込みすることもできます。

車を売却する際、できるだけ良い値段で買い取ってほしいと思うのは当然だと思います。

それならちょっと手間はかかりますが複数の見積りを取り付けると良いでしょう。僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、いわゆる営業マジックです。

初対面のお客様に、あえて値引きする業者さんなんて絶対ないですよ。落ち着いて考えればわかることです。最低でも2社は比較するようにして、その中で折り合いがつけられる会社を選ぶことで、気持ちもすっきりするはずです。

所有する車の売却をスムーズに進めるためにも、必要書類を準備しておくことをお勧めします。

売却の際に必要な書類は、車検証・車庫証明・保険料納付書ですね。

購入時に付属していた取扱説明書などが残っているならば、査定結果が良くなりますね。

見過ごしがちですが、意外と入手に手間がかかるのが必要書類でもある車庫証明です。

ですので、出来るだけ早く書類を揃えた方が良いハズです。

事故を起こした車の場合、修理するのにお金をたくさん使っても、事故を起こす前と同じような状態にはできないことも多々あるでしょう。

事故で車に衝撃が加わることで、フレームがガタガタに歪んでしまうと、完全に修理することができないこともあります。事故車両に修理代を使っても、事故車専門の買取業者に売却して、新しい車両を購入した方が安全面ではおすすめです。

About the author