2~3年前の出来事ですが、車の買い替えを考えた際、もっ

個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベー

個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに買取対象となる車の査定をしています。標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、ひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

実際に見るポイントというと、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、車の走行キロ数といったところです。

場慣れした担当者が訪問するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、ずっと隠し通せるものではないでしょう。

自分の車は事故歴があり、修理屋さんでフレームを直してもらったため、査定条件として「修理歴有り」です。しかし、事故の痕跡が外からは目立たないのも確かです。

買取をお願いするときに修理歴は言わなければならないのでしょうか。後からバレたら減額請求などで面倒なことになりそうですし、まして裁判など起こされたら只事では済みません。そうしたリスクを抱え込んでしまうと思うと、修理歴は素直に報告しておくことにしました。

中古車を売ろうとするときには、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

どんな状態かによっても減点される度合いは変化しますが、予め修理を依頼してから査定に出すのでは逆に損をする結果になることが多いのです。

買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と個人で修理に出したときのお金では、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。「どの買い取り業者を使うべきか」ということが、中古車査定にとって重視するべきキーポイントになります。中古車の査定額は、どこでも同じということはなく、時には大きな金額の差が出てくることも、よくあるからです。

要するに、他の業者より、少しでも高い査定額をつけてくれる買い取り業者を探し出して利用しなければなりません。

こういった場合に大変便利なのが、一括査定サイトです。

これを使うと、一度にまとめて複数の業者に査定額を出してもらうことができます。車の査定は自家用車を置いている場所まで来てくれる出張査定でも、基本的にはどの業者も完全無料してくれますが、たまに有料という場合があります。その場合、査定料としてではなく、出張料として請求される可能性があります。お金を請求するところが悪い業者という訳では、ありませんが、無駄なお金をかけないためにも、出来るだけ無料査定のところを利用されてください。

うっかり車検を切らしてしまった車であっても、問題なく買い取ってくれる業者は多いです。無理に車検を通したところで、費用分を補うほど価格が上がることは到底期待できないので、業者に来てもらって出張査定してもらう方がお勧めです。

廃車にしてしまうとしてもそれにも手間や費用がかかるので、早くから業者に査定をお願いして、少しでもお金になる内に買取に出すようにしましょう。古い車を売るなら、どうにかして高く買い取ってくれればありがたいものです。

相手との話し合いにあたり、「即座に納車できる」ということは、売る側に優位性があるようです。したがって、検証の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書の持参を推奨します。車両が事故にあっていた時、十分修理を終えた後に、査定をしたとしても、事故以前に比べて査定金額が大幅にダウンすることを査定落ちと言っています。格落ち、評価損ともいいます。

事前、ちゃんと直して、性能に関しては問題がみつからなくても、事故を起こした車といった負の印象だけで査定落ちをすることが無きにしも非ずです。

車の下取りで気をつけなければいけない事は、自動車税の還付に関してです。これについては、販売業者により違うようです。普通はきちっと説明してくれます。

特に排気量の多い車では、数万円になるため、軽視してはいけません。

逆に、軽自動車であれば数千円のことなので、そんなに気にしなくてもいいでしょう。

愛車を友人や知人に転売する場合、知り合いだからと簡単に考えるのは注意が必要です。

必要な手続きを終わらせていなければ、無駄な費用を使うことにもなりかねません。

後から大きなトラブルとならないように名義変更などの手続きは重要なので忘れないようにしっかりやっておきましょう。

About the author