愛車を買取に出す場合、いくつかの業者に査

事故車、と名づけられている車は文字通り事故で損害を

事故車、と名づけられている車は文字通り事故で損害を受けた車のことです。

正しく修理されていれば事故車がどの車か普通の人にはほとんどわかりません。

事故車かどうかを考慮しない方なら関わりのないことですが、不安があるという方は中古車を購入する時にはよく調べることが必要です。

買取希望の中古車のおよその査定金額をチェックするときに、Web上の中古車一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、メーカーのホームページ上で参考となる見積金額を知ることもできます。

自動車メーカーのサイト上ならば名前などの情報を一切知られずに車種および年式のみで査定金額を知ることが可能なところもあるようですので、一括査定サイトを活用した場合のような何度もしつこく電話が掛かってくることはないでしょう。

売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、高額査定を引き出すコツと言われています。とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、一概には言えないところがあります。

そもそも複数の会社に依頼する意味は、普段は知らない中古車の相場を知ることと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

そこさえ押さえておけば、査定は何社から受けようと構わないでしょう。車の買取、下取り価格とは走行した距離よってだいぶ開きが出てきます。10万kmを超えた車だと下取り価格に期待はできないです。

しかし、3年で3万km以内、5年で5万km以内であったり、1年間で1万kmぐらい走るぐらいの普通車だったなら買取、下取り価格が高くなりがちです。過去、走った距離が少ないと車の状態が良いと判断されているわけですね。

事故にあった車の時は、修理するのにお金をたくさん使っても、事故を起こす前と同等のレベルには戻せないこともよくあります。事故で車に負う衝撃によって、フレームがゆがんでしまうと、完全に修理することが難しい場合もあります。

事故車両を直すのにお金をつぎ込んでも、事故車専門の買取業者に売却して、新車を買う方が安全面では安心します。

それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車の下取りをディーラーに依頼するのは珍しくありません。同じところで購入も売却も済ませられるので、中古車屋に売る面倒も省けて単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

けれども、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、一般に下取りのほうが安価になるという事実があることは忘れてはいけません。

高値売却を望むのでしたら、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

車の査定というと、以前は何か煩雑なものというイメージがあるものでしたが、誰もがネットを利用する世の中になってからは大変簡単なものとなっています。ネットにつながったPC、スマホ、タブレットなどですぐ車査定サイトにつなげて、そこから査定の申し込みができます。

使い方は簡単で、複雑な手続きを必要とすることはありません。車種やメーカー、年式などといった基本情報と、連絡先などを画面に打ち込むことで数社の査定額がわかる仕組みになっています。忙しくて自分の時間を作るのが難しいという人であってもスマホがあれば通勤電車内や休憩時間中といった短い時間を有効に使えるというものですね。

金額的なことだけで考えれば、オークションの方が車を高く売るにはよりよい方法である可能性はないとは言えないでしょう。中古車買い取り業者というのは、販売予定の価格よりもさらに安い金額で車を買い取り、店で売ったりオークションに出します。

しかし、オークションに出しても、出品費用だけかかって落札されない場合も無いわけではありません。ボディにキズやへこみがある場合にはマイナス査定されることが多いです。しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。自分でキズやへこみを直したといっても、自分で修理するのにかかった費用以上に査定額が上昇する場合はあまりないからです。

売却予定の車を個人で修理するよりも、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が費用を低く抑えることができるからです。

事故によって車を修復した際は、正式には事故車とは呼ばず修復暦車といわれています。

修復暦車の場合だと、ズバット車買い取り比較業者の査定において、査定金額が大きく落ちてしまう要因のうちのひとつとなります。ただし、軽度の事故の修理の場合、稀に修復暦車とされずに高額査定となる車もあります。

About the author