仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出た

仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出た

仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、支払い方法や車の売却金額、名義変更の期日など、トラブルになりやすい重要な項目に関してはきちんと書面に書き残しておくべきです。口約束だけで済まそうとする相手とは、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一番スマートな方法だと思っているので、車の買い換え時には、いくらかでも得したいのでディーラーを利用せず、中古車の買い取り業者を利用することにしています。

パソコンかスマホでネットに繋いで、一括査定サイトに行き、そこで車種などの売りたい車の情報や、個人のいくつかの情報を書きこんで登録をすると、業者からのコンタクトがあります。

電話連絡の場合が多いです。

例外もあるかもしれませんが、多くの場合、4つか5つくらいの業者から連絡があります。連絡がきたら、そこで大体どれ位の値段になるかを尋ねます。

そうして値段の目安がわかったら、良い値を出してくれそうな業者の候補を三つ程選び、他はもう、電話でキャンセルしてしまいます。

中古車を売却する時に車の査定を高くする秘訣があります。

車を売りたいと思ったなら、できるだけ早めに車査定を受けることです。

車は新しいほど高く売れます。また、車査定をする前に車をキレイに洗っておくことです。車外のほかにも、車内を念入りに清掃して、臭いを取るのも重要なポイントです。

査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが高額査定が期待できるという説があります。

晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。ただ、そんな儚い期待を抱くより、来てくれるならいつでもという構えで短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが利益は大きいのではないでしょうか。

来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、査定の金額も高くなるからです。

セレナ。

それは自動車で、日産で買える車種のうちの中のうちの一つですがハイブリッド車という特長があります。セレナはボディが小型なので、いつものドライブに乗りやすいのがいいところです。ゆったりとした室内空間、燃費がいいことも、セレナの優れた点です。

車を売却する際、できるだけ良い値段で買い取ってほしいと思うのは当然だと思います。それならちょっと手間はかかりますが一社ではなく複数の業者さんに見積りを出してもらうほうがいいでしょう。

営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。

さらにその場で少し上げてくれるかも。

いわゆる営業マジックです。

競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。普通はそこまでしないはずです。

というわけで、もう1社いきましょう。最低でも2社は比較するようにして、これなら売ってもいいと思う業者を選べば良いと思います。

車の売却をする場合には車査定をしてもらう人が多いでしょう。

注意しないといけないことは悪徳業者に依頼しないことです。お願いする前からわざわざ悪徳業者を選んで利用する方は皆無だと思いますが、万が一のためにも大手のところに売る方が間違いないです。

車の売却時にまだローンが残った状態だと、残債を払ってしまわないと売却できません。

ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、書類上の名義もそうであることがほとんどだからです。

業者に売る前にローンの残りを払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、そうでないときは業者が売主に支払うべき買取額から債務の残りを差し引くというやりかたもあります。

もっともそれはローン会社が認めた場合だけであって、もし可能でも残債がないときと比べると手続きは複雑です。以前、知人の中古販売業者のスタッフに、12年乗りつぶした車を査定しにいきました。

私的には、廃車寸前だと言うことで、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、車の下取り価格は3万円という結果でした。行く末は、その車は修理を経て代車などに使われているようです。名義人の異なる車を売るときには、手続き、必要書類はどうすればよいのでしょうか。

通常は車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などの書類が必要になります。加えて、名義人の同意書、委任状や譲渡証明書などの書類も準備することが必要です。

自分の車を売売却するときに比べれば、少し面倒になります。

About the author