10万キロ以上走った車というのは、いわゆる過走行車という扱い

10万キロ以上走った車というのは、いわゆる過走行車という扱い

10万キロ以上走った車というのは、いわゆる過走行車という扱いになり、売却見積もりを依頼しても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

値段がつかないという点では、事故車も同様です。

そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている業者に相談するという手があります。さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしてはこれからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

私は以前、愛車だった日産エクストレイルを中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。

一括査定サイトを利用し、最高額の査定をしてくれた会社の方に教えてもらった話なのですが、買取の時期によって、査定額が変わるそうなんです。具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルはやはりアウトドアが盛り上がる夏場が売り時だそうですから、高く売ろうとするなら、春から梅雨の時期に買い取ってもらうのが良いようなので、ためになる話を教えてもらえました。

査定士が実車を査定するときは所有者がそこにいる必要があるなどといった規定は聞いたことがありませんが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを避けるためになるべく本人が査定に立ち会う方が良いです。今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、車のことがわかる人がいないのに乗じて元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で安く買い叩く業者もいるそうです。車の修復の有無は、査定において大事なチェックポイントです。骨格部分に関する修理や交換をしたことのある車は、評価がとても下がります。

たとえそうであっても、それを隠してもすぐにわかるので、ありのままを伝えてください。嘘をつくようなことをすると印象を悪くしてしまいますから、全てを伝えましょう。個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに対象車の市場価値を計算するのが常です。

ボディは小傷でマイナス何点、屋内保管で状態が良くてプラス何点などと、ひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。比重の大きなチェックポイントは、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、改造パーツの有無、走行距離などです。専門家は多数の車を見てきていますし、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、隠しおおせるとは思わない方がいいです。

車を売ろうと思ったら、業者から見積りをとることが第一歩です。

ウェブで簡易査定を受けた後、訪問査定などを経て買取額が提示されます。結果が不満であれば交渉しますし、納得のいく価格なら車検証など必要書類一式や印鑑証明などを揃え、契約という運びになります。そのあとは取り決め通りに車を引き渡し、所有者の名義変更等の型通りの手続きをもって買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。これで売却に関するすべての作業が終わります。

車の状態は評価するに当たって大変重要な箇所になります。

故障しているところがある場合、目につくような損傷箇所がある場合は、査定額を大きく下げてしまいます。

メーターは基本的に少ないのに比例して評価も高くなると思ってください。

新車で買って5年の月日が流れた場合なら、3~4万キロだと高評価となります。

自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。いくら親しい友人であるからと言っても、名義変更や支払いの期日、いくらで売るのかなど、大切な事柄に関しては書類にしておくべきです。

口頭で軽く言い残すだけの人とは、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。

古い車を売却してから一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

なければないなりに過ごせる人はいいのですが、車がないと困る人は代車の手配をしないことには車を売ることができません。実際、代車の手配はどこの買取り業者でもしてくれるわけではないので注意が必要です。

新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか担当者に聞いておくと安心です。

ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後に業者からの電話連絡がひきもきらず入って驚くことでしょう。現物を確認しなければ見積額は決まらないから、お宅へ伺ってもよろしいでしょうかと、言葉こそ違えど内容は同じです。

何度もしつこく電話を入れてくる業者さんもあるようですし、不快に感じたら別の会社と契約してしまったと答えるのが得策で、こう返答するとまずかかってきません。

もしくは初めから連絡はメールだけの一括査定サービスを利用するのも手です。

About the author