見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか総走行キ

車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うことも

車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。

比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、色々と難癖付けるようなことを言って当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。あまりに低額なので買取を断ろうとすると、車は既に手元にないと言って、運送や保管にお金が掛かったからなどと言って車の返還と引き換えにお金を取っていく手口もあります。その他にも、車の受け渡しをしたのに買取のお金が支払われないというケースもあります。

中古車の査定額の基準はいろいろあります。

その中でも、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定額はどんどんダウンします。

5万kmを越えて走行している車は多走行車という名称があり、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。走行距離数が10万キロメートル以上の車は「過走行車」と呼ばれて、車によっては0円査定になる場合もあるのです。先日、査定表を確認して気を落としました。

私の車はこれだけの価値しかないんだと考えました。

素人とは異なり、チェックがあちらこちらに加えられていました。気落ちしてしまったので他の買取店にも査定を頼んでみたのですが、ほとんど同じ内容でした。車の買取を検討していたので、ネットで簡単査定をしてもらいました。

車は何といってもアウディで、まだ乗り始めて5年と新しかったので、結構な高値で売れることも期待していたのですが、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。

査定をお願いした業者の担当の人に来てもらって説明してもらいましたが、「アウディは軽自動車より低い査定額しかつかない」と言われ、愕然としました。実際のところ、夜間での車査定が良いのかといいますと、そうだとは言い切れません。

なぜなら、査定を受ける時間が暗ければそれだけ買取業者も慎重にならざるを得ませんから、むしろ査定価格が低くなることもあるのです。

査定を夜に受けてみて都合よく高い査定額が出たとしても、明るい所で傷や劣化が見られればのちのち減額されてしまいますから、出来るだけ、明るいうちに受けるようにしましょう。

中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

さらに、定番カラーであるシルバーは汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。それとは逆に、これら以外の色では、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

車を査定するときには流行している車体色だとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。一般的な中古車なら車の買取に出して高い価格で売ることもできますが、事故を起こした車となると引き受けて貰えるだけで十分とお思いになるかもしれません。

しかし、近頃では事故を起こした車でも一括査定でいくつかの買取会社に査定をしてもらうと、予想以上の高い値段で買取をしてもらえます。

これまでに、交通事故を10回程起こしてしまいました。

事故の程度にもよりますが、車の自走が出来ない程、車が破損してしまった時は、レッカー車に来てもらって、事故車を移動してもらいます。この事故車の処分ですが、わずかな金額ではありますがカービューの車査定業者に連絡し、売る事にしています。

廃車にも結構お金がかかるため、事故車も買い取ってくれる業者は、本当に便利です。

車を少しでも高く買い取ってもらうコツは、いくつかの買取業者に車の査定を頼むことです。ヒマがないからと言って、一つだけの業者にのみ車の査定をやってもらい、買取された場合だと、自分の車の買取価格が適当だったのかどうなのかということが全くもってわかりません。

少し時間と手間をかけることで、買取価格にかなりの差が出てくることもあります。

見た目にも古くなってしまった車でも、中古車の専門業者に買取を頼めば、思った以上に高値が付くこともありえます。例えば、流通台数が少なく希少価値のある車などは、カーマニアが高い価値を見出す場合もあります。マイナー車種でも人気車種に変わるチャンスがあるわけですね。

少しでも高い額で車を手放したいなら一社だけではなく複数社から査定を受けましょう。買取額のおおむねの相場を自分でもネットで調べておくのもお勧めです。

About the author