当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、自動車を売ろうと

当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、自動車を売ろうと

当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、自動車を売ろうと考えている人から見ても自動車を高く売るチャンスですね。

自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、それにつられて買取価格も上昇していきます。

俗に決算月と呼ばれる3月と9月は中古車販売店はいつもよりも車を売ることに注力するので、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

さらに9月は、夏のボーナスが出てから時間も経っていないため車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。

車の買取においては、複数の業者の査定を受けて、最も高い所を選ぶのがいいですが、結果選ばなかった業者にはどう言えば上手く断れるか分からない人もいるかもしれません。

この点は、難しく考えず、他の業者の方が買取額が有利だったのでと隠さず言えばいいのです。

この際、業者の名前や買取額を言っても問題ありません。また、いちいち他を断るのが面倒だという人は、同時査定を利用すれば手間を省けます。買取依頼時に車に傷があったりすると、普通、査定額は下がると思ってよいでしょう。でも、傷を直した状態で買取に出すのも決してお勧めはできません。

修理店に修復に出したとしても修理費用を取り戻せるほど査定に影響は与えませんし、まして素人の手で修復しようものなら逆に査定金額が下がってしまうことがあるのは言うまでもありません。

下手に修復を試みるのではなく、素直にそのまま査定を受けるのが最も良いと思います。

査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って買取対象となる車の査定をしています。標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、車の走行キロ数といったところです。

これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、隠しおおせるとは思わない方がいいです。仮に車内の清掃が完璧であったり、洗車済みであろうとそれが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

素人による清掃は買い取ったあとで業者がしても変わらないという考えが背景にあるのでしょう。ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。実写査定の際に車がきれいになっていると、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、査定額に与える心証効果というのは無視できません。サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時にけして疎かにしてはいけない点があります。

ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして契約金額に関する文章はよく読んで理解しておく必要があります。裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上で契約書を交わすようにしましょう。

当たり前のことですが車の査定額というのは買取業者によって変わります。納得のいかない値段で売ってしまうことのないよう、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを出しておいてもらうことをおすすめします。ところで、ネットなどで業者が示す見積もり額と買取業者が車を調べて出してくる査定額とは差があるのが普通ですので、その点については留意しておくべきでしょう。

残念な事ですが、高い見積額で客を釣っておいて、相場より下の査定額をつける悪い業者も存在します。

前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。代替となる手段がある人は別として、仕事や通勤などで車が必須であれば必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

ただ、代車の手配というのはどこの中古車屋でもやってくれるかというと、そうでもありません。

新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか業者に確認しておきましょう。

買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではないけれど大丈夫なのかという問合せは結構多いです。

車の所有者の名義が自分以外になっている場合は、きちんとした手続きを踏む必要があります。

それには名義人の印鑑証明書と実印を押した譲渡証明書及び売却委任状があれば代理人でも売却可能です。しかし、週末や夜などにご本人自身が契約できるなら、書類を減らすことができますので、相談してみると良いでしょう。ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車は勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。そちらの支払いを終えていただき、名義を変更すれば売却できます。もし返済があと少しでも、営業担当者ならおそらく同じことを言うと思います。ある程度を超えて走行した車というものは、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、価格がつかないこともあります。けれどもそれで諦めろといった意味ではありませんから大丈夫です。

中古カーセンサーの車一括査定店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使用可能な部位ごとに価格を算出していき、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

About the author