新品の自動車に買い換える時、今まで使ってきた車は専属の販売店で

新品の自動車に買い換える時、今まで使ってきた車は専属の販売店で下取りしてもらう方が割合が大きいと思います。しかしながら、ディーラーでの調査では製造年と走った距離で決められてしまう事がおおかたですから、新車ではない車を扱う市場で、人気がある自動車でもそれほど高いお金の査定は望みは少ないでしょう。 (さらに…)

車を買取店に持って行って査定してもらった時に、査定額が

車を買取店に持って行って査定してもらった時に、査定額が付かないと言われることがあります。

例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。 (さらに…)

車を売る際に注目するのは、自分の車がどれくら

車を売る際に注目するのは、自分の車がどれくらいの値段で売れるものなのかということだと考えます。

当たり前のこととして、車によって差があることはわかりますが、下取り相場表風のもので、手放す前に確認できると、心を落ちついけてアドバイスを受けることができると思います。 (さらに…)

中古車を査定するときに必ずしも必要な国家資格などは存在しな

中古車を査定するときに必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、大型車、小型車の二種類存在しています。 (さらに…)